(財)日本医療機能評価機構認定


当院は(財)日本医療機能評価機構の認定をうけました。

日本医療機能評価機構  この度、平成15年5月14日・15日の2日間にわたり(財)日本医療機能評価機構による医療機能評価を受審しました。その結果、平成15年8月18日付で、「複合病院100床未満」(認定第JC27号)に1回目で合格しました。
 (財)日本医療機能評価機構は、「医療の質を保証してほしい」という国民世論の高まりを背景に設立された機関です。その医療の質の一層の向上を図るために、医療機能を中立的な立場で評価し、その結果として明らかになった問題点の改善を支援する機関として、平成7年に(財)日本医療機能評価機構が設立されました。
 審査には、書面審査と訪問審査があり、評価項目は、770項目余りにのぼります。膨大な評価項目の1つでも全国レベル以下だと不合格となってしまう厳しい審査です。わかりやすくいえば病院の通信簿で、1回目で合格する病院は全体の約3割という難易度です。つまり病院機能評価の認定病院は、病院として必要とされる全ての機能のバランスがとれており、しかも高い水準であると認定された病院だということです。

 今回、医療機能評価を受審し、以下の様な利点がありました。

  1. 病院機能についての体系的な審査により、病院の現状を客観的に把握することができました。
  2. 訪問審査に向けた準備を進めることそのものが、医療の質の向上と効果的なサービスの改善につながりました。
  3. 職員全体の改善意欲が向上して主体的な取り組みができました。

 現在、全国で認定を受けた病院は約1000施設で、愛媛県では19番目の認定となりました。しかし、この認定には5年間という有効期間を定められており、職員一同、この結果に甘んじることなく、更なる質の向上・患者様へのサービスの充実に努める所存ですので、ご支援ご協力をお願い申し上げます。

日本医療機能評価機構認定書